タイヤ

雪道の安全走行のために

スタッドレスタイヤは氷の表面に生じた水を掻き出してタイヤを密着させることでスリップを防ぐ雪道専用のタイヤです。高価なので無駄にタイヤを磨耗させないよう、雪のない季節は通常タイヤに交換しておくのが経済的です。年数が経過したり、溝が磨耗したタイヤでの走行は非常に危険なので、早めに交換しましょう。

詳しく見る

点検

事故にあわないためにも

路面状況が最悪になることを想定して、冬になったのなら早めにスタッドレスタイヤを装着するべきです。なお、スタッドレスタイヤを持っていないのなら、ネットショップや実店舗のショップで購入できるため、すぐにでも用意しましょう。

詳しく見る

車輪

滑らない仕組み

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤではゴムの質とトレッドパターンが違います。スタッドレスタイヤは柔らかいゴムを使って接地面積を増やして滑りにくくして、ブロックパターンを採用して雪へのグリップ力を向上させています。

詳しく見る

タイヤ

土地に適したタイヤ選び

スタッドレスタイヤの中でも国産メーカーの最新モデルのものが人気になっています。その理由は、日本の雪に合わせた開発が行われていて、毎年ゴムの配合が改良されていたり、新たなブロックパターンが登場していて性能がアップしているためです。

詳しく見る

タイヤ交換

雪道でも安心

雪道でも安心して車を運転するためにも、雪予報が出ている時にはスタッドレスタイヤに交換しましょう。取り付け方が分からないという人などは、専門店で購入し、その場でスタッフに取り付けてもらうと安心です。また、メーカーによって価格は異なります。比較してから購入しましょう。

詳しく見る

状況に応じて選択

作業員

性能も色々

冬場になると、豪雪地帯では車が見えなくなるほどの雪が降り、ノーマルタイヤではとても走行することができない状況になります。そのため、こうした地域では、あらかじめスタッドレスタイヤに交換して、冬に備えることが通例になっており、交通渋滞を起こさないためにはもちろん、自分の身を守るために必要なこととして認識されています。現状、スタッドレスタイヤは、街の車用品専門店やガソリンスタンドといったところで販売されており、購入から装着までのサービスを受けることができるようになっています。スタッドレスタイヤについては、各メーカーからさまざまなタイプのものが販売されており、毎年新製品も登場しており、多くの選択肢から選ぶことになります。まず、車のタイヤにはサイズがあるため、装着可能なサイズのものから選択する必要があり、現状のサイズのタイヤと同じもの、あるいは説明書に書かれたサイズのものを選択します。次に、大きなメーカーであれば数種類のスタッドレスタイヤがあるため、どういった場面に適しているか、を考慮の上、グリップ力、耐久性、騒音の強弱といった項目を検討して決めていくことです。最近では、ネット上のタイヤ販売店のホームページなどでは、スタッドレスタイヤの性能比較表なども掲載されているため、選択しやすくなってきています。そこでは、国内メーカーはもちろんのこと、外国メーカーの輸入品についても触れられていることから、用途にあった選択が可能になっています。

Copyright© 2018 スタッドレスタイヤで安全【タイヤ交換がスムーズ】 All Rights Reserved.